タイ語 通訳 バンコク 通訳 タイ人通訳者 派遣のことなら タイ語通訳

スタッフ登録数業界最大級!派遣先選ばず!タイ国内在住者も多数!
タイ人   
タイ語 通訳が可能な日本人   
厚生労働大臣許可 派遣業務:般26-300019 有料職業紹介業務:26-ユ-300016
H2

10年間で培った安心・信頼の実績

H2

対応可能な通訳の種類及び説明

逐次通訳

通訳の中で最も一般的な方法です。話者がタイ語を話した後、 続けて日本語で通訳を入れます。
日本語→タイ語も同じように行います。
会議・アテンド・商談・研修・ガイド・監査など、多くが逐次通訳に含まれます。 続きはこちらarrow

ビジネス通訳

プレゼンテーションから、商談、契約といった専門性の強い分野が多く、 通訳者にもそれに応じた幅広い知識や、高レベルの知識が要求されます。 続きはこちらarrow

ウィスパリング通訳

こちらも、同時通訳と同じく、タイ語を聞くと同時に通訳を行います。
同時通訳と異なるのは、通訳対象者が1名または少人数に限られます。
通訳者は、対象者の耳元でウィスパリング(囁く)で通訳をします。
タイ語でのセミナーや会議に参加する際に使用されます。 続きはこちらarrow

同時通訳

タイ語を聞くと同時に、日本語で通訳を行います。日本語→タイ語でも同じです。
同時通訳の特徴は、通訳者がブースに入ってマイクを通じて通訳を行うという事です。
また、1名の通訳者が続けて通訳できるのは一般的に10分程度ですので、2名または3名で交代制で行います。 国際会議・シンポジウム・大型のプレゼンテーションやセミナーなどで利用されます。 事前に原稿などの資料が必要になる場合があります。 続きはこちらarrow

会議通訳

ビジネス分野だけでなく、科学、文化、政治などさまざまな分野で、通訳を必要とする会議が行なわれています。参加者も、数名から百名を超えるものまでさまざまです。
内容や規模によって、同時通訳、ウィスパリング通訳、逐次通訳を使い分ける必要があります。
専門性が要求される場合もありますから、質の高い会議通訳を行うためには、綿密な事前の打ち合わせが欠かせないでしょう。 続きはこちらarrow

その他の通訳

この他に、放送通訳やガイド通訳など、特殊な通訳もあります。 形式上は逐次通訳に分類されるものの、医療通訳や法廷通訳など、専門の知識や技術を要する通訳もあります。
H2

タイ語通訳者をお探しのお客様へ
事前に知っていれば得する、あれこれ

種類

内容や状況に応じて、様々な種類があります。
まずは、種類を確認いただき、必要としている分野を選んでいただく必要があります。
代表的な種類には逐次・ビジネス・同時・会議などがあります。 続きはこちらarrow

失敗しない通訳者選びのポイント

どのような通訳者がご希望に対応できるのでしょうか?
タイ語通訳者にもいろいろなタイプがあります。選び方のポイントとしては、ネイティブ言語が何か、
どのようなレベルか、どのような経験をしてきたかというところでしょうか。 続きはこちらarrow

失敗しない通訳会社選びのポイント

会社については大きく分けて2種類あります。
ひとつは、直接雇用している、つまりその会社の社員が作業に出向く会社です。
もうひとつは、登録システムを採用し、登録スタッフを派遣契約もしくは請負契約で派遣するタイプです。
それぞれにメリットとデメリットがあります。 続きはこちらarrow

よくあるトラブル

せっかくお金を払って依頼するのですから、トラブルは避けたいものです。
ここでは、過去の実例を基に、失敗しない依頼方法をお伝えします。 続きはこちらarrow